PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】ブームの影で増加「保護猫カフェ」の厳しい実情…医療費・エサ代 動物愛護はお金がかかる

保護猫カフェでは、新たな飼い主を待つ猫たちと触れ合って相性を確かめることができる=奈良県生駒市
Messenger

 世間が猫ブームに沸き立つ影で、「保護猫カフェ」が少しずつ数を増やしている。その名の通り、飼いきれずに捨てられたり、ケガをしていたりという事情で保護された猫たちがいる猫カフェで、多くが新たな飼い主への譲渡を目的としている。猫好きに癒やしを与え、殺処分減少にもつながると期待される半面、利益を出すのが難しく、保護猫を人に慣れされるまでの手間や病院代などのコストが想像以上にかかることも珍しくない。動物愛護と経営のはざまで奮闘する保護猫カフェを取材した。(桑島浩任)

労力もお金も…

 平成27年10月に奈良県生駒市にオープンした里親募集型保護猫カフェ「ディアキャット」では、多いときには30匹を超える猫を保護している。きれいに掃除された店内は手作りの遊具などが並び、リラックスした猫たちと触れあえる癒やしの空間になっている。

 代表の澤江奈緒子さん(31)が家族の手を借りながら、ほぼ一人で切り盛りしており、定休日は毎週金曜のみ。平日の午前中は買い出しや動物病院の受診などで忙しく、要保護の猫がいれば現場へ駆けつけることも。

 店では猫たちの状態のチェック、掃除、年齢や体調に合わせたエサやりを1時間半~3時間かけてこなす。開店後も新たな猫の保護や引き取り相談の電話対応のほか、店の猫のけんかを仲裁したりと仕事は尽きない。「24時間、猫のための生活。それを負担に思うなら、保護猫カフェは難しいかもしれない」と澤江さんは話す。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ