PR

産経WEST 産経WEST

「デート援交」拡大の恐れ 大阪府警が重点補導対象に

SNS上にみられたデート援交の相手募集の書き込み(画像の一部を加工しています)
Messenger

 SNS(会員制交流サイト)を通じて知り合った男性と食事やショッピングをし、見返りに現金をもらう「デート援助交際」(デート援交)が女子中高生らの間で広がっている。デートのみで“実入りがいい”としてアルバイト感覚で手を出しているとみられるが、児童買春など事件に発展するリスクは高い。大阪府警はデート援交を重点的な補導対象に指定し、対策の強化に乗り出している。

16歳「整形のため」

 「難波あたりでデートできるパパさん、さがしてます」

 「年齢などはDMで待ってます」

 昨年9月、大手SNSをサイバーパトロール中の大阪府警少年課員がこんな書き込みを見つけた。

 SNSは仲介者を要さず、不特定多数に一気に募集をかけられる。DM(ダイレクトメール)とは、当事者だけしか分からないやり取りのこと。自分の年齢など具体的な“商談”は非公開のDMでしましょう、という呼びかけだった。

 少年課員は身分を伏せ、書き込んだ人物にデートに応じる内容のメッセージを送信。「16歳の高校生です」と返信があった。数日後、大阪・難波の待ち合わせ場所に私服の女子生徒が現れた。「警察や」。同課員が身分を明かすと生徒は一瞬驚いた様子を見せたが、素直に事情聴取に応じた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ