産経WEST

【華麗なる宝塚】宙組娘役トップ・星風まどか「なんてすてきな組にいるんだろう」と涙が…敬愛する真風に「ついていきたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
宙組娘役トップ・星風まどか「なんてすてきな組にいるんだろう」と涙が…敬愛する真風に「ついていきたい」

宝塚宙組娘役トップ・星風まどか=兵庫県宝塚市(須谷友郁撮影) 宝塚宙組娘役トップ・星風まどか=兵庫県宝塚市(須谷友郁撮影)

 宝塚歌劇団宙(そら)組20年の歴史で初となる、生え抜きのトップ。同組新トップ、真風涼帆(まかぜ・すずほ)の相手役として娘役トップに就任した星風(ほしかぜ)まどかは「まだまだ、いただく課題が多すぎて。毎日がいっぱい、いっぱいです」と初々しい。(橋本奈実)

 本拠地お披露目公演は兵庫・宝塚大劇場で上演中。「天(そら)は赤い河のほとり」(脚本・演出、小柳奈穂子氏)「シトラスの風-Sunrise-」(作・演出、岡田敬二氏)の2本立てだ。

 芝居は漫画原作で、古代にタイムスリップした女子高校生役。これまで少年や若い役を演じる機会が多かったが、「素の自分は落ち着いている方なので。今回もキャピキャピとした部分の表現は苦労しています」と話す。

 先日、テレビで、綾瀬はるか主演の映画「本能寺ホテル」を見た。国や時代は違えど、ヒロインがタイムスリップする設定は同じ。「その時代の人から見たら私は異色。でも私から見たら皆さん、どうしたの?という感覚を、綾瀬さんが自然に表現されていたので。目指したいですね」

 ヒロインは抜群の運動神経を誇り、民から戦いの女神として崇拝される。自身も幼い頃から、外で活発に遊んでいた。「体育が好きで、学生時代は卓球部でした。舞台で本格的な立ち回りをするのは初めてですが、皆さんに教えていただきながら、挑戦しています」とほほ笑む。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宙組娘役トップ・星風まどか「なんてすてきな組にいるんだろう」と涙が…敬愛する真風に「ついていきたい」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング