PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】三重、打って走れる2番打者・浦口が躍動 準々決勝進出

三回、本塁打を放つ三重・浦口=甲子園球場(水島啓輔撮影)
Messenger

 選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で3回戦が行われ、三重が準々決勝に進んだ。

 打って走れる2番打者がきらりと光った。三重の浦口はこの日、決勝のソロ本塁打を放つなど、全得点に絡む活躍を見せた。

 同点に追いつかれた直後の三回。1番・梶田が二盗を刺され2死走者なしとなったが、「(先発右腕の)福田を助けよう」と気持ちは切らさなかった。内角低めのスライダーにくらいつき、右翼ポール際にソロ本塁打を運んだ。「バットの先だったけど、フルスイングしたから入ってくれた」。一回にはしぶとく内野安打から二盗を決め、先制のホームを踏んでいた。初戦の日大三(東京)戦でも2安打3打点と大暴れし、「(甲子園で)こんなに活躍できるとは思わなかった。うれしい」とはにかんだ。

 50メートル6秒0でチーム一の俊足。昨年8月に就任した小島監督が掲げるのは、犠打を使わず打ち勝つ野球だ。冬は重さ3キロのハンマーをタイヤに振りおろす練習を部員らに一日に600回課し、打力アップに取り組んだ。浦口は昨年までの自分を「バットに当てて足で稼ぐ打者」と分析するが、「コンパクトに鋭くバットが振れるようになった」と実感している。

 練習の成果が大舞台で発揮されているが、「上を見すぎず、一つ一つを大切に戦いたい」。浮かれることなく頂点へと突き進む。(岡野祐己)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ