PR

産経WEST 産経WEST

【華麗なる宝塚】宙組新トップ・真風涼帆、本拠地お披露目公演「真ん中に立つとこれだけの圧が、視線が…」成長を誓う

宙組トップの真風涼帆=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影)
Messenger

 宝塚歌劇団宙(そら)組新トップ、真風涼帆(まかぜ・すずほ)と、相手役の星風(ほしかぜ)まどかの本拠地お披露目公演「天(そら)は赤い河のほとり」(脚本・演出、小柳奈穂子氏)「シトラスの風-Sunrise-」(作・演出、岡田敬二氏)が兵庫・宝塚大劇場で上演中だ。今年誕生20周年を迎えた宙組の新たなスタート。真風は「初舞台を踏んだ宙組で、組が誕生して20年の節目に本拠地でお披露目公演を。不思議なご縁を感じます」と話す。4月23日まで。(橋本奈実)

 1月に東京でプレお披露目公演「WEST SIDE STORY」を終えたが、組のメンバーが全員そろっての公演は初めて。仲間に囲まれた稽古場でトップの自覚がより芽生えた。

 「全員の真ん中に立つとこれだけの圧が、視線があるんだなと、稽古場から感じました。だからこそ、自分自身がもっともっと上を目指していかなきゃいけない」と力強く語る。

 「天は-」は漫画家、篠原千絵氏の同名人気少女コミックをミュージカル化した作だ。紀元前14世紀のヒッタイト帝国。武力、知力に優れた美しい第3皇子カイル(真風)が、呪術(じゅじゅつ)の形代(かたしろ)としてタイムスリップさせられた現代の女子高生、鈴木夕梨(ユーリ、星風まどか)を深く愛し、理想の国を作るために邁進(まいしん)する姿を描く。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ