PR

産経WEST 産経WEST

中学部活の転落事故に1億1千万円賠償命令 広島・府中町

Messenger

 広島県府中町の町立府中中学校で平成21年、卓球部の部活中に顧問の女性教員の指示で校舎の窓を開けようとして転落し、高次脳機能障害などの重い障害を負ったとして、元生徒の20代女性と両親が町に約1億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、広島地裁は30日、約1億1千万円の支払いを命じた。

 龍見昇裁判長は判決理由で、顧問が転落防止の措置を取っていなかったと指摘し、学校側に注意義務違反があったと判断した。

 判決によると、顧問教員は校舎4階の廊下で上下段に分かれて設置された窓のうち、上段の窓を開けるよう女性に指示。女性は下段の窓枠に足を掛けた際にバランスを崩し、開いた状態の窓から約10メートル下に転落した。

 女性の父親は判決後、「元の生活が戻らないことに変わりはないが、これからは子どもが安心して暮らせる学校運営をしてほしい」と語った。

 府中町の佐藤信治町長は「判決内容を精査して、今後の対応について協議したい」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ