産経WEST

【センバツ】バントせず逆転サヨナラ弾 日本航空石川・原田、狙った初球打ち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ】
バントせず逆転サヨナラ弾 日本航空石川・原田、狙った初球打ち

9回裏、無死一、二塁で、日本航空石川の原田が左越え逆転サヨナラ3ランを放つ。捕手は明徳義塾 の安田=30日、甲子園 9回裏、無死一、二塁で、日本航空石川の原田が左越え逆転サヨナラ3ランを放つ。捕手は明徳義塾 の安田=30日、甲子園

 1点を追う九回無死一、二塁。四球の後の初球だった。明徳義塾の内野がマウンドで円陣を組む間も、日本航空石川の原田は虎視眈々と狙っていた。「球種は絞っていなかった。とにかく初球を打とうと思った」。六回の前打席で4球続き、中飛に打ち取られたスライダーを強振。チームを初の8強に導く逆転サヨナラ3ランとなった。

 打席に入る前、中村監督から「バントするか」と聞かれ「自分が打ちます」と答えた。それまで無安打だったが、感覚は悪くなかった。「チームも自分も打撃に自信がある」と市川の決め球を見事に打ち砕いた。

 明徳義塾の初戦をスタンドで観戦し、谷合のサヨナラ3ランに「鳥肌が立った」。その谷合の頭上に劇的弾を再現し「信じられない」と笑った。

 初出場の日本航空石川には「緊張で自分を見失わないために」と、球場内の一点を見つめて集中力を高めるルーティンがある。この日、原田が頼ったのは左翼席上部の大看板。「唯一、人の顔が写っていたので。(俳優の)名前は知らなかったけど、これからファンになりそう」。打球は看板の真下へ飛び込み“御利益”に感謝した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング