PR

産経WEST 産経WEST

福岡県中間市の係長、酒気帯び運転疑いで逮捕 「同僚と飲み、別れた後も1人で飲んだ」

Messenger

 福岡県警は30日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県中間市産業振興課係長の男(48)を現行犯逮捕した。容疑を認め「同僚と飲み、別れた後も1人で飲んでいた」と話しているという。

 逮捕容疑は30日午前1時15分ごろ、中間市土手ノ内1丁目の道路で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 署によると、男は当初、職業を飲食店従業員と答えていたが、持っていた共済組合の保険証などから中間市職員であることが分かった。

 パトカーで巡視中の警察官が、蛇行運転するなどしていた車を停止させた。男の呼気から基準値の4倍のアルコールを検出したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ