産経WEST

【虎のソナタ】今シーズン金本虎の「光と影」 ロサリオ本番期待、鳥谷セカンドは…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
今シーズン金本虎の「光と影」 ロサリオ本番期待、鳥谷セカンドは…

守備練習する鳥谷 守備練習する鳥谷

 キャップ阿部祐亮は「光の部分はズバリ打線。ロサリオは口グセのように『オープン戦は見極めの期間だよ。本番をみてくれ』と少しも沈んではいない。鳥谷、糸井、福留の3人は本番には持ち味を発揮します。えっ、影の部分ですか。昨年のリリーフ陣がやや心配かなぁ。春は打線がカバーし、夏場以降は投手陣が踏ん張ってくれるでしょう」という。

 阿部は今年はキャンプから酒量がガタ減りしたそうだ。その分、開幕したら「美味い酒を飲ませてほしい」という。そして言った。

 「あの星野さんのお別れ会での監督の弔辞の時は、選手は練習のために退席していました。できれば金本監督の涙の決意を、何度でも選手に聞いてもらいたい」

 サブキャップ小松真也は逆に「光はリリーフ陣で、今年も層が厚いと見ます。球児さんも期待できるし…。影の部分ですか? 監督の期待値のレベルに中堅層の反応が薄かったなぁ…」という

 長友孝輔はこうです。

 「光は大山が調子を上げて開幕に入るので、注目しています。巨人の岡本和真内野手の台頭に刺激されて、彼も頑張りますよ、きっと…。少し引っかかっているといえば、やはり鳥谷さんです。三塁から今度は二塁。もちろん僕は期待してます…」

 監督1年目、指揮官は1番高山に「初球を打て!」と宣告した。背中を押された高山は、新人王になった。

 監督2年目、阪神には4番がいなかった。「原口か、中谷か…」。福留には休みが必要で「日替わり4番」という苦渋の選択からスタートした。そして…3年目のあなたのテンションはどないだ?

関連ニュース

「産経WEST」のランキング