PR

産経WEST 産経WEST

【芸能考察】「ナイトスクープ」30周年、衰えぬお化け番組の魅力 “泣き”の局長・西田健在、内容に自信ありの“CMまたぎ”なし…

「探偵!ナイトスクープ」30周年スペシャル番組の一場面(ABC提供)
Messenger

 ABCテレビの人気番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜午後11時17分)が、今月、放送開始30周年を迎えた。記念のスペシャル番組が、今月30日と4月6日の2週連続で放送される。傑作「ベスト10」を紹介する他、番組ファンの著名人からのビデオメッセージや、特別探偵として関ジャニ∞の丸山隆平らが登場する。30年たっても衰えないお化け番組の魅力とは-。(杉山みどり)

記念特番3月30日・4月6日放送

 同番組は、昭和63(1988)年3月に放送がスタート。視聴者から寄せられた、「富士山頂で餅つきがしたい」といった奇想天外な相談から、「車いす生活の中学生の娘を一人旅させたい」といった依頼まで、あらゆる悩みに、探偵にふんした芸人たちがユーモアを交えつつも、真摯(しんし)に調査。思いがけない結末にたどりつくこともあり、その様子が視聴者の心をとらえた。最高視聴率は32・2%(平成10年)を記録。日本民間放送連盟賞最優秀賞やギャラクシー賞、ATP賞グランプリを受賞するなど同局の看板番組だ。

 今回の特番は、大阪市北区の大阪国際会議場に観客2500人を集めて公開収録。過去30年間のVTRの中から「ベスト10」を発表。「謎の爆発卵」や「日本アホ・バカ分布図」などがランクインした。

「謎の爆発卵」「日本アホ・バカ分布図」…上岡龍太郎時代から続く秘密とは

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ