PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和のスポカル】世界がアトリエ ボンビーガールにも出たアート界のシンデレラ、河野ルルの「不思議ちゃん」ぶり

不思議ちゃんアーティスト、河野ルル。笑顔もとてもチャーミングだ=大阪市浪速区
Messenger

 ある日、彼女の隠れた才能は花開いた。

 旅先、それも海外で、突然に…。

 そこから、ほんの2年あまりの間に、人生はどんどん変わっていった。

 これは、一風変わった30歳女性のシンデレラストーリーである。

   □    □

 名古屋市に住む河野(こうの)ルルは新進気鋭の画家だ。

 すらりとした長身に整った顔立ち、モデルにだってなれそうなルックスである。

 まるで風邪薬のような名前は、本名であるという。

 ウソのようなホントの話である。

 父親の仕事がテニスのコーチという関係もあって、彼女は中学生のころからテニスに打ち込んできた。

 「中学は軟庭でした。高校は硬式テニス部だったのですが、女子部員がいなかったので、結局、3年間、毎日壁打ちとサーブ練習ばかり。それでも、意地でテニスを続けていました

 テニスが強い東海学園大学に進んだが、ここでも女子部員はひとりだけ。しかし、4年間、がんばった。

 多分に執着が強い。

 「高校、大学と女子のキャプテンでしたから、就職のときは役立ちました

 テニスをすっぱりやめて企業に就職し、経理担当になったが、1年続かずにあっさりとやめてしまった。

 このあたり、割り切りも早い。

 会社勤めでためたカネで、美しい夜空の星をながめるためにモンゴルに渡った。

 「旅行って楽しいですよね

 もどって再度、就職したのは地図の会社。古い地図をもって、建物の確認などに出向く仕事だから、いろんなところに行けるのは楽しかったが、そこも1年でやめた。

 で、次は動物病院で使う機器の製造会社のアフターサービスの仕事についた。

 飽きっぽい性分なのだろうか。

 ともあれ、がんばって3年働いて150万円を貯めた。

 案外、堅実なところもある。

 しかし、そのお金を持って再び旅へ。

 矛盾した性質の持ち主のようで、根っこは風来坊…。

   □    □

 ベトナムに飛んだのは、2015(平成27)年のこと。カンボジアから、タイ、ネパールへ。そこに1カ月いて、今度は歩いてインドへ。さらにスリランカからトルコに飛ぶ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ