PR

産経WEST 産経WEST

【大阪市営地下鉄民営化】変わらぬ安全への使命、徹底を 定年退職の“鉄道マン”の思い

大阪市交通局の北村三郎・中百舌鳥乗務運輸長=28日午後、堺市北区 (安元雄太撮影)
Messenger

 4月1日に民営化を控えた大阪市営地下鉄で、3月末に定年退職を迎え、地下鉄と一緒に「鉄道マン」としての人生に幕を下ろす市交通局職員がいる。中(なか)百舌鳥(もず)乗務運輸長の北村三郎さん(60)=大阪市西区=で、生まれ変わる地下鉄に「安全・安定・快適にお客さまを電車で運ぶ。これが鉄道マンの最大の使命であり、目的」と思いを寄せる。

 市交通局に入局したのは昭和51年、18歳のときだった。子供のころから電車が大好き。高校生になって大学進学も考えたが、市営地下鉄の運転士募集を知り、「やってみよう」と挑戦したところ、合格した。

 初めて配属されたのは梅田駅。駅員として改札業務やホーム整理にあたった。当時は現在よりホーム幅も狭く、朝のラッシュ時は次から次へと人波が押し寄せた。「黙々と出勤するサラリーマンたちを見て、日本経済の勢いのようなものを感じた」と振り返る。

 堺筋線の車掌を経て、昭和55年から平成2年冬まで、同線の運転士として勤務。運転士になるまでは「師匠」と呼ぶ指導員から約3カ月半、みっちりと運転技能を指導された。

 少しでもブレーキをかけるタイミングが合わなかったり、衝撃があったりすると「ジャガイモを運んでいるんじゃないで! お客さまの命を運んでるんや!」。厳しい声が飛んだ。「師匠からは鉄道マンとしての心構えを徹底的に教えてもらった」と感謝している。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ