PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「中国式白タク」横行で、W杯・五輪仕様のナンバープレートに想定外の余波

白タクと見られるワンボックスカーにベビーカーなどを積み込む運転手ら=3月7日、京都市東山区
Messenger

 訪日外国人客を相手に無許可でタクシー営業し、全国的に問題化している「白タク」。警察は、主に中国語を話すドライバーによる中国人客を対象にした「中国式白タク」と呼ばれる違法行為の取り締まりに乗り出しているが、捜査の目をかいくぐり、関西空港や京都の観光地で目撃情報が絶えない。こうしたなか、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)や20年東京五輪・パラリンピックの開催を記念した特別仕様のナンバープレートが思いも寄らない迷惑を被っている。その理由とは…。(桑村大)

運転手も客も中国人

 3月6日、世界遺産・清水寺(京都市東山区)に通じる五条坂の道ばたに「なにわ」ナンバーの白いワンボックスカーが止まった。中国語を話す家族連れとみられる男女7人が降車し、車は近くの駐車場に入った。

 「白タクだろう。あの運転手はよく見る。昨日は別の客を乗せていた」。駐車場の男性管理人(63)がつぶやいた。付近で白タクらしき車が目立つようになったのは1~2年前から。中華圏の旧正月にあたる今年2月中旬は、多い日で20台近くが客の送迎を繰り返していたという。

 客待ちのタクシー運転手(56)は「営業妨害だ。マナー違反で正規のタクシーとトラブルになる白タクもある」と明かす。

 国土交通省によると、中国式白タクは訪日客が多い東京や沖縄でも確認されている。正規タクシーと違って運転手は2種免許を持たないため、運転技能が担保されておらず、任意保険への加入がない場合は事故時の補償が不十分になる恐れがある。

専用アプリ、決済済み…「友だち乗せてる」言い逃れ…違法とばっちり東京五輪

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ