PR

産経WEST 産経WEST

【千田嘉博のお城探偵】CASE9(上) 有岡城の「だし」 村重 最愛女性の住居に

JR伊丹駅西側に残る有岡城の主郭部
Messenger

 わたしは「だし」さんのことがずっと気になっていた。だしさんは戦国時代に兵庫県の有岡城主であった荒木村重(あらき・むらしげ)の妻だった。彼女について記した『立入左京亮宗継入道隆佐記(たていりさきょうのすけむねつぐにゅうどうりゅうさき)』は「だし殿と申して、一段の美人。異名は今楊貴妃(ようきひ)」とした。また『信長公記』は「きこえある美人」と記した。だしさんは、楊貴妃にたとえられるほどの美しい人だった。

 ■奇妙な名前

 それにしても「だし」とは、少し奇妙な名前である。その名前の由来も立入宗継の記録にあって、有岡城の大手の「だし」に置いた女房だったからという。なるほど豊臣秀吉が愛した京極竜子(きょうごくたつこ)は伏見城松の丸に住んだので「松の丸殿」と呼ばれた。それと同じように有岡城内の「だし」にあった御殿に住んだ彼女は「だし殿」と呼ばれたのだった。

 わたしが、だしさんを気にしていたのは、彼女が美人だったからではない。お城探偵として、彼女がくらした有岡城の「だし」とは何かを知りたかったからである。歴史学者の磯田道史さんは「城の大手の馬出(うまだ)し曲輪(くるわ)に置かれた妻」とした(磯田道史『日本史の内幕』中公新書)。つまり「だし」を城の「馬出し」と考えたのである。

絶世の美女「楊貴妃」!…ではなく「馬」、そして「愛」

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ