PR

産経WEST 産経WEST

大阪府ラインいじめ相談、好評 本格実施へ

Messenger

 大阪府教育庁は28日、府内の高校生約6千人を対象に無料通信アプリLINE(ライン)を使ったいじめ相談の試験運用を実施した結果、電話やメールでの相談件数を大きく上回ったと発表した。同庁は、早期に悩み相談に乗れるとして7月から政令市を除く中学校や高校などで本格実施する考えだ。

 相談は今年1~2月の計8日間、府立高10校の6千人を対象に実施。1日の平均相談件数は4・1件で、メール(同0・023件)や電話(0・017件)より多かった。計33件のうち、家族関係や学習・進路相談が多く、いじめ相談は1件。いずれも緊急性は低く他の機関に引き継ぐケースはなかった。

 ただ、やりとりが中断することもあり「内容によっては相談が深まりにくく、つながり続けることが困難な場合がある」とも分析。今後は相談の在り方や態勢をさらに検討するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ