産経WEST

【センバツ】サウスポー対決、彦根東・増居に軍配 明暗分けた経験の差

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ】
サウスポー対決、彦根東・増居に軍配 明暗分けた経験の差

慶応戦に先発した彦根東・増居=甲子園 慶応戦に先発した彦根東・増居=甲子園

 「緊張している自分を受け入れてやっていく」。彦根東の増居と慶応の生井はくしくも、この試合に向けて同じ言葉を口にした。進学校同士のサウスポー対決は果たして、1点差で増居に軍配が上がった。

 増居は得意の直球で押した。1死三塁のピンチを背負った五回は、善波と生井を直球で2者連続の空振り三振とし、先制点を許さなかった。生井の3球目には、自己最速を更新する140キロをマーク。「向こうもいい投手だったし、負けられないと思って投げていた」と言うように、ここぞという場面ではギアを入れ、九回を投げ切った。

 立ち上がりから飛ばしていた生井だが、味方が逆転した直後の八回に落とし穴が待っていた。球威が落ち始め、高内に内角直球を3ランされた。「自分の力不足。(増居は)最後までスタミナがあった。見習いたい」と敗北を受け止めた。

 昨夏の甲子園大会で2試合に登板した増居は「昨年の経験が大きい。それを踏まえて努力してきた」と語る。上がり症を自認し、2度目の聖地も「慣れはない」と笑う。マウンドで緊張することはあっても、冷静さを失わず、昨夏に続く初戦突破を手繰り寄せた。

「産経WEST」のランキング