PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】彦根東主将・高内が逆転3ラン 昨夏、投手から捕手転向

Messenger

 チームを支えてきた主将が、大きな仕事をやってのけた。彦根東の高内が1-2の八回、左翼ポール際に逆転の3ラン。好投を続けてきた慶応の生井を打ち砕いた。

 彦根東の増居、慶応の生井による息詰まるような投手戦だった。彦根東が六回に山岡の二ゴロ併殺崩れの間に先制すると、慶応は七回に善波の2点適時打で逆転。試合の流れが行ったり来たりする中で、昨夏に投手から捕手へ転向した高内が値千金の一発を放った。

 村中監督は高内をコンバートした理由を「肩が強いので盗塁を刺せる」と説明する。昨夏は甲子園のベンチ入りを外れ、残留組のチームをまとめてきた。地道な努力を知る指揮官は試合前に「やってくれるんじゃないか」と期待していた。3安打を放ち、マスクでも増居を好リード。攻守で存在感は絶大だった。

 県内屈指の進学校で、部員たちは毎朝1時間の「朝勉」に取り組むなど、文武両道の高校生活を送る。昨夏に続く甲子園での1勝は全国の球児たちに対しても、大きな励みになるだろう。(竹内元)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ