PR

産経WEST 産経WEST

ワコール、京町家の宿泊施設4月開業 34年度に50施設、売り上げ10億円目標

ワコールが運営する「京の温所 岡崎」の1階和室。坪庭の景色も楽しめる=京都市左京区
Messenger

 ワコールは、京町家を改修した同社初の宿泊施設「京の温所(おんどころ)岡崎」(京都市左京区)を4月28日にオープンする。平安神宮(同区)の近くにある築92年の建物を借り上げて改修。延べ床面積約92平方メートルの木造2階建てで、掘りごたつ付きの和室や坪庭などがある。1泊の料金は税別6万~18万円。一度に6人まで宿泊できる。

 宿泊客のチェックインは京都駅前のワコール新京都ビル(同市南区)で行う。平成30年度は京都市内で計4棟の京町家を宿泊施設としてオープンする計画。34(2022)年度に50カ所の宿泊施設を運営し、宿泊事業として売上高約10億円を目指す。

 西村良則・未来事業推進企画室長は「京都の街づくりに役立つとともに、本業を支える新規事業として必ず成功させたい」と話した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ