PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】認知症医療の第一人者が認知症に… 長谷川和夫医師「明るい気持ちで生きていく」

Messenger

 治療法については、世界中の製薬会社がアミロイドベータやタウを減らす新薬の開発を続け、現在も数種類の臨床試験が行われている。有効性が証明されれば5年程度で実用化されるが、現時点ではまだその段階に至った薬はない。アミロイドベータなどの蓄積が始まる50~60代ごろの「予備軍」の段階で発症を予防するための研究も進められているが、確実な方法は分かっていないのが現状だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ