PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】「今年の巨人はウチより弱い」と豪語していたが…OP戦は巨人トップ、最下位阪神“ジンクス”破れるか

セ・リーグの「ファンミーティング」で意気込みを語る阪神・金本監督。左は巨人・高橋監督=19日、横浜市
Messenger

 阪神と巨人はあまりにも極端な成績で3月30日のシーズン開幕を迎える。阪神は敵地・東京ドームでの巨人戦。伝統の一戦でペナントレースをスタートするが、オープン戦の成績は12球団最下位と12球団トップ。巨人は17試合で11勝5敗1分けの勝率6割8分8厘。最終戦で楽天を抜いてトップになった。逆に阪神は16試合で2勝12敗2分けの1割4分3厘。ひどい勝率で最下位だ。

 当然ながら両軍監督の表情も対照的。巨人の高橋監督は「内容の充実した部分が多かった。岡本は日に日に成長してくれていると感じます。吉川尚や他の選手も昨年とは違ってきている。シーズンに入っても成長してほしい」と充実した表情。一方、阪神の金本監督は「成果が出たか出なかったかというのは1年後、シーズンに入って分かること。(キャンプからやってきたことは)決してムダではない。必ずこれはいつか、間違いなく実を結ぶから…。(ファンが心配している?)そんな(苦笑)。もうええがな。毎日、毎日、そんな…」と少々、感情的にすらなっていた。

 オープン戦の成績が本番でもその通りに出るかどうかは微妙ではある。オープン戦1位のチームが公式戦で優勝したケースは最近20年では4度。逆にBクラスが8度もある。しかし、巨人に限ると過去5度の1位のシーズンは例外なくAクラスで、2度の優勝。前回の2013年も優勝だった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ