PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】一度出回ると無限に拡散…それでも自画撮りしてしまう心理・原因とは

SNS上では現在も自画撮りの購入者を募集する投稿がみられる(画像を一部加工しています)
Messenger

 元手がかからないし、なんぼでも稼げる-。そんな軽はずみな動機から自分のわいせつ画像を販売していた二十歳の女子大生が今月、大阪府警に逮捕された。昨今問題となっているいわゆる「自画撮り」は、半ば強要されて行うケース以外にも、今回の事件のように撮影者が自発的に発信したり、SNS(会員制交流サイト)上で無防備に相手に送ったりと、その類型は多岐にわたる。ネット上で無限に拡散し、一生残り続けるリスクがありながら、なぜ危険な自画撮りはなくならないのか。

「体は減らない」

 「下着、制服、画像売ります」

 昨年10~11月、サイバーパトロール中の大阪府警黒山署員が、こんな書き込みを発見した。同署がSNSの運営者側に当該人物のアカウントを照会したところ、同府八尾市の私立大2年の女子大生(20)のものと判明した。

 女子大生は書き込みに返信してきた滋賀県内の50代の男性会社員に対し、ダイレクトメール(DM)で自身の口座番号を伝え、報酬の振り込みを請求した。

 画像は1枚平均で約1千円。5千円が振り込まれたのを確認すると、自分の下半身などを写した画像5枚をDMで送った。

 同署は今月13日、わいせつ電磁的記録頒布容疑で女子大生を逮捕。堺簡裁は同月中旬、罰金30万円の略式命令を出した。

 「楽してお金が欲しかった」。女子大生は同署の調べにこう供述。昨年10月から今年1月までに、全裸画像などを5、6人に送り、計約6万円を稼いでいたという。接触してきた客のリクエストに応じてポーズをとって自画撮りしたり、郵送で着用済の下着を販売したりもしていた。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ