PR

産経WEST 産経WEST

炊飯器輸出額が過去最高を更新 中国向け急増 生産拠点集中の関西ホクホク、9割以上占める

ずらりと並んだ日本メーカーの炊飯器。高価格帯が輸出を増やしている=大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田
Messenger

 日本製の炊飯器の輸出が昨年、2年連続で過去最高額を記録し、そのうち有力メーカーが集まる関西が9割以上を占めた。日本製への信頼度の高さや富裕層の日本食ブームが要因とみられ、なかでも中国向けが急増している。

 貿易統計によると、炊飯器の輸出金額は平成15年の25億1千万円を底に増え始め、これまでピークだった2年の100億4100万円を28年に抜いた。昨年はさらに増え、101億7600万円に達した。

 一方、台数は2年が約150万台だったのに対し、昨年は約82万3千台と半数近くに減少。販売価格5万~10万円の高価格帯のIH(電磁誘導加熱)式が富裕層を中心に人気で、単価が上昇したためだ。

 輸出全体のほとんどを占めるのが関西だ。大阪税関の調べでは、昨年は全体の92%、数量も94%を占めた。象印マホービンが大阪府大東市の大阪工場、タイガー魔法瓶が同府門真市の本社工場、パナソニックが兵庫県加東市の加東工場で製造するなど、拠点が関西に集中するためだ。

 近年の輸出の伸びを大きく牽引するのは中国だ。関西からは、2年は1・5%だったが、昨年は37・5%まで増加。各社とも、大きくは日本向けと同じ性能だが、中国の朝食の定番メニューとして外せないおかゆが作れる「おかゆ」モードを追加するなど対応する。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ