PR

産経WEST 産経WEST

人気パン店が集結 パン消費日本一の京都で「ZOOっと一緒!地下鉄パンまつりin岡崎」

お目当てのパンを買い求める来場者ら=25日、京都市左京区
Messenger

 人気パン店が集まり、いち押しの商品を販売する「ZOOっと一緒!地下鉄パンまつりin岡崎」が25日、京都市左京区の岡崎公園などで開かれ、大勢の来場者らが、お目当てのパンを買い求めた。

 パンの消費量が全国トップクラスの京都市。そんな「パン好き」の市民に市営地下鉄の利用促進をPRしようと、市交通局職員らが企画。今年は市動物園と連携して開催した。

 岡崎公園では、地下鉄烏丸線と東西線沿線のパン店15店が出店。午前10時の開場とともに、来場者らは総菜パンや菓子パンなどの人気商品を求めて各店のブース前に長蛇の列を作った。また、動物園でもライオンやウサギなど動物の顔の形をした「動物パン」が販売された。

 家族で訪れた同市右京区の会社員、八木常さん(34)は「パンの種類が豊富でとても楽しめた。休日に家族で過ごすにはぴったりです」と笑顔で話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ