PR

産経WEST 産経WEST

【痛み学入門講座】後頭の頭皮に「ズキン」…後頭神経痛(大後頭三叉神経症候群)

Messenger

 「後頭部の頭皮に生じるズキンまたは刺すような痛みであり、同部に感覚の低下あるいは異常を伴う」

 国際頭痛学会は、「後頭神経痛」をこう定義する。つまり、後頭~耳介(じかい)=耳のうち、外に張り出している部分の後方に枝を出している神経の異常が引き起こす「神経痛」なのである。多くは後頭の片側のみの発作痛であり、発作と発作の間に症状はない。特に、外後頭隆起(後頭骨下部中央の骨のでっぱり)付近などに痛みを誘発する部位(トリガーポイント)があり、髪をブラシでといたり、首を動かしたりすることが痛みの引き金となる。

 痛みを含む後頭~耳介の後部の知覚は大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経によって伝えられ、このうち大後頭神経は頸(けい)神経の第2番目の枝、他の2つは頸神経叢(そう)=頸部の神経の集まり=より出る。したがって、首の運動でも痛みが起きるのである。なお、大後頭神経、小後頭神経は共に外後頭隆起から上に向かって進むので、頭頂に向かって放射されるように痛みが走る。診断にあたっては、これらの神経の出口を圧迫して、痛みが起きることを確認する。

 後頭神経痛は、その原因別に特発性(原因不明)、二次性に分けられるが、特発性のものは極めて稀(まれ)である。二次性のものは腫瘍(しゅよう)や炎症、外傷に加えて「頸部変形性脊椎(せきつい)症」、「頸椎椎間板ヘルニア」、首が左右上下のいずれかに捻じれる「痙性斜頸(けいせいしゃけい)」などが原因となり、首の運動に加え、咳(せき)、くしゃみなどで痛みが起こることもある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ