PR

産経WEST 産経WEST

【クルマ列伝】ダイハツ乗用車第1号は美しきイタリアン 1964年発売「コンパーノ」

コンパーノ・ベルリーナ(右)とスパイダー
Messenger

カロッツェリアに依頼

 マイカー時代の幕開けとなった1960年代、三輪トラックメーカーだったダイハツは時代に乗り遅れまいと、乗用車への参入を画策していた。

 61年秋のモーターショーに700ccの試作車を出品したものの、予想外に不評だった。原因はデザイン。小型車には不似合いな大型のフロントマスクが洗練さを欠いた。デザインの重要性を痛感したダイハツは、洗練されたスタイルを求めてイタリアのカロッツェリア(車両デザイン工房)の門を叩いた。

 当時、日本ではカーデザインの手法が確立されていなかったため、各メーカーはカロッツェリアにデザインを依頼していた。プリンス「スカイラインスポーツ」はミケロッティ、日産「ブルーバード」はピニンファリーナ、マツダ「ルーチェ」はベルトーネが手がけた。

 ダイハツが白羽の矢を立てたのは「ビニアーレ」。フェラーリやマセラティを代表作に持つ名門だ。

 ダイハツの乗用車第1号は「コンパーノ」と名付けられ、63年6月にワゴン、翌64年2月には独立したトランクを持つセダン「コンパーノ・ベルリーナ」が登場した。

モーターショーで復活

 小さなボディのコンパーノはバランスのとれたモダンなデザインが特徴。当時のカタログには「美しいイタリアン・スタイル」と謳われた。内装もイタリアンムード満載。木目張りのダッシュボードに黒い4眼メーター、3本スポークの細いウッド調ハンドルはスポーツ心をくすぐる。

 ただし、中身が旧態依然なのは否めない。フレームはトラックと同じハシゴ型、800ccエンジンは41馬力足らず。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ