PR

産経WEST 産経WEST

【経済裏読み】親孝行な韓国人は「日本旅行」が大好き 大人数の訪日観光は今やトレンドに  

国内外の観光客で賑わう大阪ミナミの道頓堀周辺。韓国人も多く、ハングルの案内板も=大阪市中央区(永田直也撮影)
Messenger

 両親を連れて海外旅行に出かける韓国人の成人が増えており、その行き先で最も人気があるのは日本がダントツなのだという。2017年に日本を訪れた韓国人観光客は初めて700万人を超えて過去最多を記録しているが、親孝行を目的に大人数で訪日する傾向も垣間見える。米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反発した中国が韓国に対し経済・文化面で報復措置を取ったために中国旅行の需要が日本に向かったとの指摘もあるが、日本食やアニメなど「韓国国内の日本ブーム」も背景にあるに違いない。

 ベトナム、中国など2位以下を寄せ付けず

 韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)は3月21日、両親を連れて海外旅行に出かける韓国人の成人(満19歳以上)が徐々に増えていることが分かったと報じている。

 韓国の旅行大手ハナツアーのまとめとして伝えており、昨年1年間に海外パッケージツアーを利用した成人以上の韓国人とその親は27万4千人で、5年前(2012年)の14万3千人より91・5%も増加していたという。同社が扱うパッケージツアー全体に占める割合も12年の16・6%から昨年は18・6%へと毎年のように増加しているとしている。

 そして、その親子旅行の行き先で最も多かったのが「日本」だった。「親孝行旅行」のケースで日本は31%とダントツに多く、2位以下は、ベトナム(13・2%)、中国(8・9%)、タイ(8・3%)、欧州(7・7%)の順だった。

日本好き!訪日の韓国人ついに700万人…その背景は

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ