PR

産経WEST 産経WEST

玄海原発3号機が再稼働 厳格基準下で5原発7基目 九電、料金は据え置き

佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機(手前)と4号機=23日午前
Messenger

 九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)が23日、再稼働した。原発の安全対策を厳格化した新規制基準下での再稼働は、14日の関西電力大飯3号機(福井県おおい町)に続き5原発7基目。東日本大震災から7年がたち、電力供給面で原発回帰が鮮明になりつつある。九電は当面、電気料金を据え置く方針。

 玄海3号機の稼働は約7年3カ月ぶり。23日深夜にも核分裂反応が安定的に持続する臨界に達し、25日に発電と送電を再開する。3号機にはプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を含む燃料が装填されており、プルサーマルを行う。

 3号機と同時に原子力規制委員会の審査に合格した玄海4号機は、5月に再稼働する予定。

 九電は玄海3、4号機の運転再開で月90億円の収支改善を見込む一方、現在の電気料金は維持し、当面は悪化した財務体質の改善に注力する。

 事故時の避難計画策定が必要となる周辺30キロ圏には福岡、長崎を含む3県の8市町があり、このうち4市が再稼働反対を表明している。

 玄海3、4号機の再稼働を巡っては、周辺住民らが運転差し止めの仮処分を求めたが、佐賀地裁は20日、昨年6月に引き続いて訴えを却下した。

 新基準下では他に九電川内1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、四国電力伊方3号機(愛媛県伊方町)、関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)も再稼働している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ