PR

産経WEST 産経WEST

新種発見「クマノザクラ」ってどんな桜? 花は大きめ、うっすらピンクの「べっぴんさん」 自生のものは今が貴重な鑑賞の時代

満開のクマノザクラを見学する参加者ら=和歌山県古座川町
Messenger

 日本の野生種の桜ではオオシマザクラ以来、103年ぶりの新種発見と発表された紀伊半島南部の「クマノザクラ」。地元では「早咲きのヤマザクラ」とされていたが、いったいどんな桜なのか。新種と確認した森林総合研究所多摩森林科学園(東京都)の勝木俊雄・サクラ保全担当チーム長による現地説明会(古座川町)を訪れた。(中村宏二)

 ほかのヤマザクラなどとどう違うのか。最も分かりやすいのが開花時期の差だ。勝木さんによると、クマノザクラ以外、県内で確実に自生する桜はヤマザクラとカスミザクラの2種。古座川町で自生するクマノザクラは昨年、3月中旬から4月上旬に開花。その後自生のヤマザクラが咲き、植栽されたカスミザクラはヤマザクラに続いて咲いた。クマノザクラの通常の開花は早ければ2月下旬からとされる。

 葉の形状もクマノザクラの葉はヤマザクラやカスミザクラと比べ一回り小さい。卵形で、葉裏はヤマザクラが白っぽいのに対し、クマノザクラは淡緑色。カスミザクラも淡緑色という。勝木さんは「(クマノザクラは)ヤマザクラとはかなり違う。カスミザクラに近い印象がある」と話す。

■   ■

 「詳しく調べたのが2年間くらいなので十分ではないが」とした上で、勝木さんによると、クマノザクラは和歌山、三重、奈良の3県にまたがる南北90キロ、東西60キロに分布。標高は0~800メートルに自生し、大峰山系や護摩壇山などの標高1千メートルを超える山岳地で分布域が制限され、この山岳地の南が分布エリアとなる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ