PR

産経WEST 産経WEST

母親離席で「うんこか」特別支援学校校長、いじめ協議中に ボイスレコーダーに音声が… 

Messenger

 大阪府立の特別支援学校で女児(11)がいじめに遭った問題の対応を協議するため、平成28年5月に女児宅を訪れた50代の男性校長が、トイレに立った母親(48)について、同席した教諭らに対し「うんこか」「お礼を言ってすぐ終わらそう」などと発言したとみられることが22日、分かった。協議内容を録音するために母親が置いたボイスレコーダーに音声が残っていた。

 校長は同日、母親と面会し「発言は記憶にないが、不信感を招いてしまった」と謝罪。取材に「(録音を聞くと)言っているようにも聞こえる。傷つけてしまい申し訳ない」と話した。

 校長は母親と担任のメールのやりとりを確かめるため、教頭や教諭と大阪市の女児宅を訪問した。

 女児はこの校長の特別支援学校でいじめを受けて体調不良を訴え、小学2年と3年の時にそれぞれ年間30日以上欠席。4年になった28年4月に別の特別支援学校に転校し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の診断を受けた。現在5年生。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ