PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】「殺すぞ、任意やろ」叫ぶ刃物男に警察官が発砲…休日の繁華街、緊迫したやり取りの一部始終

刃物を取り出した男に警察官が発砲したJR京橋駅近くの現場=2月18日午後、大阪市都島区(恵守乾撮影)
Messenger

 日曜日の白昼の出来事だった。「パン」と1発の銃声。大勢の買い物客が音のした方を振り返った。「撃ったな!」。首筋から入れ墨をのぞかせた金髪の男(25)=公務執行妨害罪などで起訴=はそう叫び、周囲の警察官にその場に組み伏せられた。大阪・京橋の繁華街で2月に起きた公務執行妨害事件の一幕。職務質問を受けた男が刃物を取り出し、警察官から発砲を受けた。男は右太ももを撃たれ、銃弾は貫通したが、全治2週間の軽傷だった。跳弾によるけが人もなく、大阪府警は適切な拳銃使用だったとみている。銃社会の米国やドラマの世界とは違って、現実の発砲までには、実に多数の手続き要件を踏まなければならない。緊迫した状況下、現場ではどんなやり取りがあったのか-。

不審事由

 「殺すぞ、任意やろ!」

 2月18日正午前、大阪市都島区のJR京橋駅近くの路上で、男が声を荒らげた。

 男は、都島署の男性巡査長(38)から職務質問を受けていた。体のふらつきがひどい-。薬物使用者に特徴的な歩き方だと、巡査長は見て取ったのだ。

 警察官職務執行法(警職法)2条1項は、不審事由がある場合に、その相手を「停止させて質問することができる」と規定している。これが職務質問の根拠条文だ。

 ただし強制的に行うことは許されず、あくまで任意でなければならない。男が「任意やろ!」と叫んだのは、そういう意味だ。

(次ページに動画)バタフライナイフ「殺すぞ!」、拳銃を抜きつつ警察官は…

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ