PR

産経WEST 産経WEST

佐賀の県立校生徒自殺 県教委「いじめはあったが、因果関係なし」

Messenger

 佐賀県教育委員会は22日、県立学校の生徒が自殺したとしていじめの有無や因果関係について調査した結果、いじめはあったが、自殺との因果関係は認められなかったと公表した。生徒が残したメモを保護者が発見し、いじめを受けていた可能性が浮上。県教委は昨年10月に外部の有識者らでつくる対策委員会に調査を諮問していた。

 県教委は保護者の意向だとして、生徒の氏名や学年、亡くなった時期などを公表していない。

 対策委がまとめた答申書では、自殺した生徒に「厳しい言い方」をする生徒がいて、心身の苦痛を感じていたと認定した。一方で、いじめと自殺するまでの間に相当の時間が経過していることや、自殺に追い込むような暴力や暴言は認められず、自殺との因果関係はないと結論付けた。

 保護者の申し出を受け、生徒へのアンケートや聞き取り調査を実施、事実関係を調べていた。

 県教委の山口光之危機管理・広報総括監は記者会見し「自ら命を絶った悲しい事案が発生したことは本当に重く受け止めている。再発防止に努める」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ