PR

産経WEST 産経WEST

「任侠山口組」指定暴力団に指定…兵庫県公安委、官報に公示

Messenger

 指定暴力団神戸山口組を離脱した勢力が昨年4月に結成した暴力団組織「任侠(にんきょう)山口組」(兵庫県尼崎市)について、兵庫県公安委員会は22日、暴力団対策法に基づく指定暴力団に指定し、同日付の官報に公示した。指定は全国23団体目で期間は3年間。

 任侠山口組のトップは金禎紀=通称・織田絆誠(よしのり)=代表(51)で構成員は約460人。勢力範囲は1都1道2府12県に及ぶ。指定暴力団に指定されたことで、今後は民間業者に対するみかじめ料などの不当な要求をやめさせたり暴力団同士の抗争時に事務所の使用を制限したりすることができる。

 警察当局は当初、任侠側の結成を神戸山口組の内部対立と捉え、神戸側に対する規制を任侠側にも適用していた。ところが、昨年9月に神戸市内で織田代表が神戸系組員らに襲撃され、警護役の男性が射殺される事件が発生。任侠側を神戸側の組織とみなすことが実情から困難となり、国家公安委は今年2月に別組織と判断した。任侠側はいったん暴対法の規制の枠から外れたが、県公安委は今月16日、独立組織として改めて指定暴力団に指定することを決定していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ