PR

産経WEST 産経WEST

キリンの「お嫁さん」披露 兵庫・姫路市立動物園

お披露目されたアミメキリンのメス「キキ」=姫路市本町
Messenger

 兵庫県の姫路市立動物園(同市本町)が飼育しているオスのアミメキリン「コウスケ」(12歳)のパートナーとして、姫路セントラルパーク(同市豊富町神谷)から“嫁入り”したメス「キキ」(2歳)のお披露目会が21日、同動物園で行われた。飼育担当者は「かわいい子供が生まれてくれれば」と期待を寄せる。

 コウスケは平成18年から飼育されているが、パートナー不在の状態が約2年半にわたり続いていた。同動物園が新たなパートナー候補についてコウスケとの相性を慎重に検討した結果、姫路セントラルパークのキキが選ばれた。動物園には今月7日に引っ越してきたが、まだ慣れていないため、仕切りで隔てられた状態で飼育されている。

 お披露目会では担当飼育員が、立ったままで眠ることや、約60センチにもなる長い舌を使って巻き取るように草を食べることなどキリンの生態について解説。キキは用意されたカシの葉っぱを勢いよく食べていた。

 播磨町から訪れていた芝原奈穂ちゃん(4)は「キリンが好きなので、キキを見られてうれしかった。また会いに来たい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ