PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「元をとるには何を食べる」 おしゃれに進化するホテルブッフェ その魅力は

この冬に行われた新阪急ホテルのグルメバイキングレストラン「オリンピア」の味めぐり。スイーツの実演が始まるとたくさんの人がカメラを片手に並ぶ=大阪市北区
Messenger

 一定の料金で、たくさんの料理を思う存分に楽しめるホテルのブッフェやバイキング。各ホテルの特徴がもっともよく出るレストランと言えるかもしれない。旬の食材などが2~3カ月でメニューのテーマが切り替わる。家族連れやグループでの利用に人気があり、値段もランチなら3000円~4000円程度(ディナーは約5000円)と、「何を食べれば料金の元がとれるか」にも興味がわく。そんなブッフェの魅力とはどんなものだろう。 (木村郁子)

食のエンターテインメント

 ブッフェは、関西を代表するいくつかのホテルで楽しめる。それだけに集客のためにホテルの企画担当者は頭をひねる。

 「バイキングならこのホテル」と多くの人に言わしめているのは、大阪市北区の新阪急ホテル「グルメバイキング オリンピア」。約300席の周りをぐるりと囲むように、和洋中の料理が縁日の屋台のようにずらりと並ぶ様は圧巻だ。

 「平成13年9月にレストランが改装したこともあって、調理人自らが切り出し、盛りつけて提供するスタイルが定着。温かいものは温かく、一番おいしい状態で食べてもらうことを心がけています」と、同ホテル広報担当の川崎彩美さん。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ