PR

産経WEST 産経WEST

【千田嘉博のお城探偵】CASE8 安土城空白の一日 信長の天主 誰が焼いた?

安土城天主台の石垣。西側は天主が焼け落ちたときの影響で石材の劣化が著しい(筆者撮影)
Messenger

 織田信長の安土城(滋賀県近江八幡市)は多くの謎に包まれている。安土城は1576(天正4)年正月中旬から土木工事をはじめ、着工から3年後の1579(天正7)年に信長は天主に引っ越した。細かな内装工事を含めた最終的な完成は1581(天正9)年9月で、翌年6月2日に本能寺の変は起きたのだから、安土城が完全な姿で存在したのは、わずか9カ月間にすぎなかった。これでは謎が多いのも当然である。

 ■町は大混乱

 本能寺の変の知らせは、同日中に安土に伝わった。明智光秀の謀反によって信長と息子の信忠が亡くなって、町は大混乱に陥った。その日の夜に滋賀県彦根市に領地をもつ山崎源太左衛門が、安土城下の屋敷を焼いて逃げた。翌6月3日には城の留守役の蒲生賢秀(がもう・かたひで)が、信長の妻たちとともに退去した。退去の際に信長の妻たちは城を焼くように意見したが、賢秀は信長が心を尽くした城を燃やせないと断った。

 そのため光秀は5日に無傷の安土城に入城した。安土城に入った光秀は、天下人の権威を身にまとい、安土城の金銀を家臣や公家、京の寺院に配った。信長は金銀を天主に保管したから、光秀が配った金銀も天主にあったものだろう。8日に城を出た光秀は13日に山崎で秀吉軍と戦って敗れ、14日に落ち武者狩りにあって死去した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ