PR

産経WEST 産経WEST

阿蘇山で「孤立型微動」多発 

1日に見学再開したばかり

 気象庁は21日、熊本県の阿蘇山で、火口の直下で発生する「孤立型微動」が多く発生しているとして、注意を呼び掛けた。噴火警戒レベルは1の「活火山であることに留意」を維持する。

 孤立型微動は、火口直下のごく浅い場所で起き、継続時間が短いのが特徴。阿蘇山では、火山活動を評価する指標の一つとなっている。

 気象庁によると、阿蘇山では1日から孤立型微動が増え、4日には1049回を観測。いったん減少したが、10日以降に1日当たり200~300回程度と多い状態が続いている。21日は午後3時までに162回発生した。

 火山性地震は少ない状態で、地下のマグマの動きを示すとされる火山性微動の振幅も小さい状態が続いている。噴煙などは天候不良で確認できないという。

 気象庁は、火口内では今後、土砂や火山灰が噴出したり、火山ガスが発生したりする可能性があるとして、注意を求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ