産経WEST

【関西の議論】車いすに「カルテ」兵庫・尼崎の自転車店主が考案、その理由とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
車いすに「カルテ」兵庫・尼崎の自転車店主が考案、その理由とは

点検結果を車いすカルテに書き込んでいく石本雅映さん=兵庫県芦屋市 点検結果を車いすカルテに書き込んでいく石本雅映さん=兵庫県芦屋市

 足の不自由な人の生活に欠かせない車いす。ぶつかったり転倒したりするほか、車や自転車との衝突事故などのトラブルも珍しくない。ただ、その原因が車いすの整備不良だったケースも多いという。そこで、車いすの不具合にいち早く対応して事故を防ごうと、兵庫県尼崎市の自転車店の店主が、車いすを点検する際のポイントをまとめた「車いすカルテ」を作成した。カルテを利用すれば、数週間かかることもある車いすの修理が、短時間で済ませられるという。地域に根ざした自転車店の取り組みが、車いすの利便性を大きく高める可能性を秘めている。(中井芳野)

80の点検項目で作成

 「ブレーキはしっかりと固定されているか」

 「ねじに緩みはないか」

 兵庫県芦屋市の特別養護老人ホームでは、大正10年から続く尼崎市の老舗自転車店「石本自転車」3代目店主の石本雅(まさ)映(てる)さん(60)が、ホールに並んだ車いすを慣れた手つきで点検し、車いすカルテに次々と書き込んでいった。

 1台のカルテの書き込みにかかる時間は約30分。背もたれを地面につけるようにひっくり返し、点検箇所に顔を近づける。タイヤが擦れて滑りやすくなってはいないかなど手の感触も頼りにし、約80ある点検項目を一つずつ確認していく。

 点検項目はすべて石本さんが考案したもので、リクライニング式の車いすには特別な項目を設けるなど工夫を施している。異常があれば詳しい内容を書き込み、最後にタイヤの大きさや車種が分かるように写真を撮影して終了する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 車いすに「カルテ」兵庫・尼崎の自転車店主が考案、その理由とは

「産経WEST」のランキング