PR

産経WEST 産経WEST

【民泊女性殺害】兵庫の女性遺棄事件で米国籍の男を起訴 殺人容疑での立件も視野に捜査

 バイラクタル容疑者
Messenger

 兵庫県三田市の女性会社員(27)の切断遺体が大阪、京都両府内で見つかった事件で、神戸地検は20日、死体遺棄と死体損壊の罪で、米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。兵庫県警は同被告が被害女性を絞殺した疑いもあるとみて殺人容疑での立件も視野に捜査を進める。

 起訴状によると、同被告は2月16~18日の間、大阪市東成区の民泊用マンションで、菜切り包丁などを用いて被害女性の遺体を切断。18日に京都市山科区の竹林に両足を、20~21日に大阪府島本町の山中に両腕と胴体を、19~21日には大阪市西成区の宿泊施設内に頭部をそれぞれ遺棄したとされる。

 これまでの調べでは、2人はSNS(会員制交流サイト)で知り合い、16日未明に東成区のマンションに入室。同被告は18日に退室したが、被害女性の姿は確認できなくなった。県警は22日、マンションに被害女性を閉じ込めた監禁容疑で同被告を逮捕。24~25日に遺体が見つかり、司法解剖の結果、被害女性は首を絞められ死亡した可能性の高いことが判明した。

 

大阪や京都で2月、兵庫県三田市の女性会社員(27)の切断遺体が見つかった事件で、神戸地検は20日、死体遺棄と死体損壊の罪で、米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)を起訴した。兵庫県警は、首を絞め殺害されたとみて、殺人容疑を視野に捜査を続けている。

 起訴状によると2月16~18日、大阪市東成区のマンションにある民泊用の部屋で、菜切り包丁を使い遺体を切断。同18~21日、京都市山科区や大阪府島本町の竹やぶなどのほか、大阪市西成区の民泊施設に放置したとしている。

 兵庫県警は2月22日に監禁の疑いで、同28日に死体遺棄などの疑いで同容疑者を再逮捕した。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ