PR

産経WEST 産経WEST

【歴史インサイド】平安京に馬丸ごと1頭を埋葬…いったい誰が?尽きぬ浪漫

埋葬された馬の骨。平安京跡から出土したのは初めて=京都市下京区(元興寺文化財研究所提供)
Messenger

 京都市下京区の平安京跡から、馬を1頭丸ごと埋葬した跡が出土した。調査を担当した元興寺(がんこうじ)文化財研究所(奈良市)によると、平安京では初めての例だという。律令制度の下で都の中で人や家畜の埋葬が禁じられていた京内。出土場所が武家の棟梁(とうりょう)源氏の“聖地”ともいえる区域だっただけに、専門家は武士が埋葬した可能性が高いと指摘する。では具体的に誰が埋葬したのか。当時の社会情勢からひもといてみる。(園田和洋)

清和源氏の聖地に別の一族が

 出土した場所は、現在の五条通(当時の六条坊門小路)と油小路通の交差点から南へ数十メートルの住宅地(京都市下京区)。平安京では左京六条二坊十四町にあたる。

 近くに「八幡太郎」の名で知られる平安時代後期の武士・源義家の父、頼義が建てた若宮八幡宮や、源義経の邸宅跡にあった井戸とされる左女牛井(さめがい)跡も残る、清和源氏の間では長らく聖地とされてきた。

 ところが、後白河法皇が今回の調査地の南隣・13町に六条院(長講堂)を建てると、院の近臣として活躍した源仲国(なかくに)が14町に屋敷を構える。仲国も源氏なのだが、清和ではなく、宇多源氏の流れをくみ、「平家物語」にも登場する。

 話はこうだ、高倉天皇に見初められた小督局(こごうのつぼね)だったが、天皇の中宮(妻)・徳子の父、平清盛に嫌われて追い出され、嵯峨に隠れ住む。それを嘆き悲んだ天皇から小督を連れて帰るのを命じられたのが、仲国だった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ