PR

産経WEST 産経WEST

京田辺の85歳男性殺害、被害者の長男を逮捕 容疑認める 京都府警

Messenger

 京都府京田辺市の民家で住人の大塚繁昭さん(85)が胸を刺され殺害された事件で、京都府警は19日、殺人容疑で、同居していた長男の会社員、大塚康郎容疑者(55)=同市三山木野神=を逮捕した。「覚えがあります。間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は12日午前10時5分ごろから午後3時ごろまでの間、自宅で大塚さんの頭を棒のようなもので数回殴ったり、鋭利な刃物で胸を突き刺すなどしたりして殺害したとしている。

 府警によると、大塚さんは長男夫婦と3人暮らし。事件後、康郎容疑者の行方が分からなくなっていたが、18日に府警の捜査員がJR広島駅(広島市)の改札内で1人でいるところを発見し、任意で事情を聴いていた。

 康郎容疑者は調べに「角材で殴った」とも供述しており、府警は凶器の特定を急ぐとともに、親子間で何らかのトラブルがあったとみて詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ