産経WEST

【動画】半世紀ぶり内部公開「太陽の塔」ルポ 新たな生命吹き込まれ蘇った“ミイラ”、脈打つ「生命の樹」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
半世紀ぶり内部公開「太陽の塔」ルポ 新たな生命吹き込まれ蘇った“ミイラ”、脈打つ「生命の樹」

太陽の塔内部公開 式典参加者内覧会で太陽の塔の内部を鑑賞する元テーマ館のホステスら =18日午後、大阪府吹田市(永田直也撮影) 太陽の塔内部公開 式典参加者内覧会で太陽の塔の内部を鑑賞する元テーマ館のホステスら =18日午後、大阪府吹田市(永田直也撮影)

 その根本には無数のアメーバや三葉虫、枝の上の方に恐竜やマンモス、人間の姿が。原生生物から人間への進化の歴史を表したものだが、改修で枝に連なる生物の数は30体から約180体に増加。ポーズを変え、目を光らせるなどの躍動感も加えられたという。

 また最上部近くには、頭がなく体の内側が露出したゴリラの模型があり、衝撃を受けた。半世紀近い時間の流れも感じてもらおうと、あえて朽ちた姿を残したのだという。

 改修工事を監修した岡本太郎記念館館長で空間メディアプロデューサーの平野暁臣(あきおみ)氏は、「生命の樹は太陽の塔の血流、内臓。改修前の外部だけの姿はミイラのようなもの」と話す。48年の歳月を経た塔内には、プロジェクションマッピングなど最新の照明技術や現代風の演出も取り入れられた。最上部から見下ろした生命の樹は、まるで脈打っているかのようだった。

(地主明世)

このニュースの写真

  • 半世紀ぶり内部公開「太陽の塔」ルポ 新たな生命吹き込まれ蘇った“ミイラ”、脈打つ「生命の樹」
  • 半世紀ぶり内部公開「太陽の塔」ルポ 新たな生命吹き込まれ蘇った“ミイラ”、脈打つ「生命の樹」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング