産経WEST

【動画】フェリーが立ち往生 急病人を巡視艇に移す際にブイと接触 兵庫・明石海峡付近

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
フェリーが立ち往生 急病人を巡視艇に移す際にブイと接触 兵庫・明石海峡付近

ブイと接触し立ち往生している「フェリーふくおかII」=19日午前、兵庫県明石市沖(本社ヘリから、沢野貴信撮影) ブイと接触し立ち往生している「フェリーふくおかII」=19日午前、兵庫県明石市沖(本社ヘリから、沢野貴信撮影)

 18日午後7時40分ごろ、兵庫県明石市の江井ケ島港沖約6キロの明石海峡付近の海上で、名門大洋フェリー(大阪市)が運航する「フェリーふくおかII」(9774トン)が灯浮標(ブイ)と接触した。右舷プロペラの一部に欠損が確認されたが、浸水などはないという。乗員乗客計509人にけがはなかったが、損傷状況確認のため19日も停泊。乗客乗員は船内で一夜を明かした。

■ブイは全長11m、重さ8t

 フェリーは18日午後5時ごろ大阪南港(大阪市)を出航、新門司港(北九州市)に19日午前5時半ごろ到着予定だった。神戸海上保安部によると18日午後6時15分ごろ、フェリーから「急病人がいる」と通報。出動した姫路海上保安部の巡視船に急病人の男性(80)を移送する直前、右舷の船尾付近とブイが接触したという。男性は明石市内の病院に搬送され、命に別条はなかった。

 ブイは浅瀬を示すために設けられ、全長約10・6メートル(海面上の高さ約5・6メートル)、直径約2・8メートル、重さ約8トン。フェリーは潮の流れが収まり次第復旧作業を始め、終われば大阪南港に引き返すことも検討する。

このニュースの写真

  • フェリーが立ち往生 急病人を巡視艇に移す際にブイと接触 兵庫・明石海峡付近
  • フェリーが立ち往生 急病人を巡視艇に移す際にブイと接触 兵庫・明石海峡付近
  • フェリーが立ち往生 急病人を巡視艇に移す際にブイと接触 兵庫・明石海峡付近
  • フェリーが立ち往生 急病人を巡視艇に移す際にブイと接触 兵庫・明石海峡付近

関連ニュース

「産経WEST」のランキング