産経WEST

【プロボクシング】山中、小西ら4選手計量パス ダブル世界戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロボクシング】
山中、小西ら4選手計量パス ダブル世界戦

WBOミニマム級王者の山中竜也(右) WBOミニマム級王者の山中竜也(右)

 ボクシングのダブル世界戦(18日・神戸ポートピアホテル)の前日計量が17日、神戸市内で行われ、4選手はいずれも1回目でパスした。

 初防衛を目指す世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王者の山中竜也(りゅうや)(真正)、挑戦者の同級4位モイセス・カジェロス(メキシコ)はともにリミットの47・6キロでパス。山中は「これから母のつくった鍋を食べます。めっちゃパワーが出る」と笑顔を見せた。

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦に臨む同級2位の小西伶弥(れいや)(真正)はリミットの48・9キロ、対戦相手の同級1位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)は48・3キロだった。

「産経WEST」のランキング