産経WEST

神鋼、火力発電所を増設 環境保全措置の徹底求める知事意見を送付

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神鋼、火力発電所を増設 環境保全措置の徹底求める知事意見を送付

 神戸製鋼所が神戸製鉄所(神戸市灘区)で進める石炭火力発電所の増設計画をめぐり、県は16日、「温室効果ガスや大気汚染物質、排水などによる環境への大きな影響が懸念される」として、環境保全措置の徹底を求めた知事意見を経済産業相に送付した。同社のデータ改竄(かいざん)問題を受けて、県が環境影響評価の根拠となるデータ提出を求めたため、提出が2カ月ほどずれ込んだ。

 知事意見では、データ改竄問題を「環境影響評価制度の根幹を揺るがしかねない事態」と指摘。その上で、二酸化炭素排出や工事に伴う騒音、温排水による周辺海域への影響などについて、環境負荷の低い燃料を用いたり、管理を徹底したりするよう求めた。また、着工後も環境影響を調査して、県や神戸市に報告することを義務づけた。

 増設計画には市民団体が公害調停を申し立てており、住民と説明会を開くなどして、「十分かつ丁寧に説明を行うこと」とした。

 今後、知事意見を考慮して経産相が神鋼側に勧告。同社は勧告や住民意見をふまえて環境影響評価書を経産相に提出する。

「産経WEST」のランキング