PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和のスポカル】どろどろの女性関係から学んだ恋愛学のテキスト、東郷青児の文筆選集「戀愛譚」のおもしろさ

東郷青児の文筆選集「戀愛譚」
Messenger

 読後に感想文を書かねばならない、という苦痛がともなうせいで、夏休みの課題図書を読むのがつらくてしかたなかった。おとなになったいまも、仕事で渡される本は、往々にしてページをくる手が鈍る。

 あべのハルカス美術館で開催の「生誕120年 東郷青児展-夢と現(うつつ)の女たち」(大阪市阿倍野区、4月15日まで https://www.aham.jp/exhibition/future/togoseiji120th/ )の記事を書く参考に、と手渡された「戀愛譚 東郷青児文筆選集」も、しばらくおっぽっていた。

▼あべのハルカス美術館「生誕120年 東郷青児展-夢と現(うつつ)の女たち」展の紹介ページ(外部サイト:https://www.aham.jp/exhibition/future/togoseiji120th/ )

 そもそもタイトルの「恋」が旧字体。おまけに「譚」という言葉の古いこと。東郷の絵がいまや時代遅れに映ってしまうように、当方の食指も動かなかった。もちろん、画家の手すさびのような本がおもしろいはずがない、とタカをくくっていたのである。

 ところが、東郷という人物を学ぶにつけ、机の上に置きっぱなしの本が気になってきたのだった。

   □    □

 ご存じのとおり、東郷青児(1897~1978年)は若くして二科賞を取るという快挙で画壇にさっそうと登場、渡欧して時代の最先端の美術を学び、帰国後は大衆消費社会到来の波に乗って独特の叙情をただよわせる美人画を描き人気を博した洋画家である。

 その画業に加え、さまざまな女性関係の醜聞が、彼の名を世間に広めることに大きく寄与したことも、疑いのない事実であろう。

 23歳で最初の妻と結婚するが、7年に渡る渡欧生活を終えて帰国後すぐに一回りも年下の女性と恋に落ちてしまう。ところが、その年下女性からの別れの手紙を受け取ると、突如、別の女性と挙式。しかし、前妻の籍が抜けていないことを知ったその女性は、東郷の前から失踪する。

 直後に事件が起こる。件(くだん)の一回り年下女性との心中未遂である。東郷の自宅でふたりは頸(けい)動脈を切り、ガスを放ったのだった。幸い、発見が早くともに命をとりとめたが、このスキャンダルは世間をにぎわすに十分だった。

 それでも色恋沙汰が終わらないのが東郷のすごいところ。今度はこうした一連の事情を取材にきた小説家の宇野千代と恋仲になって同棲(どうせい)を始めてしまう。その千代と別れ、心中未遂した女性を入籍したのが42歳の年…。

 なんともすごい「艶福家」である。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ