PR

産経WEST 産経WEST

文科省からの問い合わせに「驚いた」…前川前次官を授業に招いた中学校長が会見

記者会見する名古屋市立八王子中の上井靖校長。左は文科省への回答に関わった市教委の担当者=16日、名古屋市役所
Messenger

 文部科学省が、前川喜平(きへい)前事務次官による講演内容の報告を名古屋市教育委員会に求めた問題で、同氏を授業に招いた名古屋市立八王子中の上井靖(うわい・やすし)校長は16日記者会見し、保護者らから人選に否定的な指摘がない中で「文科省から問い合わせがあったことに少し驚いた」と話した。

 同校側は、文科省からメールで2度にわたり、前川氏の講演内容や人選の経緯の問い合わせを受けた。これについて上井校長は、文科省は前川氏を招いたことが不適切だと感じたのだろうとし、「問い合わせに腹を立てているわけではない」と淡々とした様子で答えた。

 人柄や見識の高さを講演や記事で知り「先生や子供に話を絶対聞いてもらいたいと思った」と人選理由を説明。同氏が出会い系バーに出入りしていたとの報道については「いろいろな情報があり、刑事事件になってもいない」と教育効果を優先する判断をしたという。

 会見には、文科省への回答に関わった市教委の担当者も同席。文科省からの問い合わせは「頻繁にあるが、授業内容の確認は珍しい」とし、「前川氏は各地で講演しており、今回の件は驚いた」と答えた。

 今後、各学校が外部講師を招くことに躊躇(ちゅうちょ)するようになるのではないかとの質問には、「影響はないと思う。講演は良い内容で、報道で取り上げられたことで逆に(内容の良さが)伝わるのでは」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ