PR

産経WEST 産経WEST

“農林女子”の意見反映、帽子などオシャレな作業グッズを試作 京丹後の道の駅で販売へ

「夏の便利帽子」や麻の手袋を試着する女性=京都市上京区
Messenger

 農林業に携わる京都府内の女性の意見を取り入れて開発した作業グッズの試作品がお披露目された。女性から人気が高いイケガミ帽子工房(京都市)が製作協力した帽子を軸に商品化し、道の駅・丹後王国「食のみやこ」(京丹後市)での販売を目指す。

 府が平成28年度から進める「京の農林女子ネットワーク」事業の一環。府内の農林業の現場で働く約40人が定期的に意見交換し、29年度は帽子や麻の手袋、倒れにくい一輪車など4製品を試作した。

 つばの長さを調整でき、紫外線をカットする日焼け防止機能が付いた「夏の便利帽子」の着心地を試した参加女性らは「1万円以下なら購入したい」「これならコンビニへ買い物にいける」などと感想を話した。

 丹後王国の中川正樹取締役営業本部長は「特に帽子は商品化してもらい、道の駅で販売したい」と述べた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ