産経WEST

【関西の議論】廃校寸前の小学校が蘇る…家族留学・自然PR・学区またぎ、大津の過疎山村学区の大胆試み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
廃校寸前の小学校が蘇る…家族留学・自然PR・学区またぎ、大津の過疎山村学区の大胆試み

葛川小・中学校では、学年にかかわらず、教諭も交えて給食をとる=昨年9月 葛川小・中学校では、学年にかかわらず、教諭も交えて給食をとる=昨年9月

 過疎化に悩む全国の中山間地域。存続が厳しい学校もあるなか、大津市北部の比良山地にある葛川(かつらがわ)小学校と同中学校(同市葛川中村町)では、地域をあげて児童・生徒を呼び込む取り組みを始めている。学区外からの通学も可能にする制度を活用し、地域の空き家を格安で貸し出すなどして若い世代の家族にアピール。4月からの入学者も増え、過疎地の学校存続のモデルケースとしても注目されそうだ。(杉森尚貴)

「家族留学」、地域ぐるみで誘致

 《家の種類:古民家風、家賃:基本月3万円、畑希望:要相談、家の改造:要相談》

 昨年9月、葛川小への通学を希望する学区外の保護者を対象にした学校説明会で、こんな不動産物件紹介チラシが配られた。

 地域住民の有志で結成した「葛川村づくり協議会」がつくったチラシで、《春は山菜収穫、夏はアユつかみ、冬は雪かきも可能》と豊かな自然環境もアピールしている。

 「昔は林業が盛んだった地区。自然の中で想像力豊かな子供を成育することに生かしたい」。同協議会の空き家活用部会長、宮崎源之さん(47)は話す。

 学区の葛川地区の人口は約250人。ここ30年でほぼ半減した。若者が地区を離れ、高齢化・過疎化が進行し、空き家も目立ち始めた。その状況を食い止めようと4年前に発足した協議会は定住人口を増やす試みとして、空き家の活用に目を付けた。

 宮崎さんらは所有者や親族と連絡を取り、売却の意思がある家を売り出してもらう「空き家仲介事業」を開始。傷みがひどく雨漏りする家も多く、協議会のメンバーがボランティアでトタン屋根の張り替えや室内の掃除なども行った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 廃校寸前の小学校が蘇る…家族留学・自然PR・学区またぎ、大津の過疎山村学区の大胆試み
  • 廃校寸前の小学校が蘇る…家族留学・自然PR・学区またぎ、大津の過疎山村学区の大胆試み

関連ニュース

「産経WEST」のランキング