PR

産経WEST 産経WEST

またも新名神建設現場で死亡事故…今度は大阪・枚方市で足場が崩れ男性作業員が転落

足場が崩れ作業員が川に転落した事故現場=15日夜、大阪府枚方市(柿平博文撮影)
Messenger

 15日午後4時15分ごろ、大阪府枚方市楠葉(くずは)の新名神高速道路の建設現場で鉄骨の足場が崩れ、高知市の作業員、山下大介さん(32)が約5メートル下の川に転落した。山下さんは近くにいた同僚らに助け出され、心肺停止の状態で病院に運ばれたが死亡した。

 大阪府警枚方署によると、現場では淀川に架かる橋脚の建設のため、作業に使う桟橋を設置する工事が行われていた。付近には約20人の関係者がいたが、けが人はなかった。同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて工事責任者から事情を聴き、安全管理に問題がなかったか調べる。

 西日本高速道路関西支社によると、山下さんは安全帯やライフジャケットを身に着けていた。村尾光弘支社長は15日夜、大阪府茨木市の支社で記者会見し「再三にわたりご迷惑を掛け、申し訳ない」と陳謝した。

 新名神の建設現場では、平成28年4月に神戸市北区で橋桁が落下し作業員10人が死傷するなど、事故が相次いでいる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ