産経WEST

【今週の注目記事】〝淡泊〟だった高木美帆、なぜ覚醒したのか…歴史塗り替えたスピードスケート界の新女王

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
〝淡泊〟だった高木美帆、なぜ覚醒したのか…歴史塗り替えたスピードスケート界の新女王

女王として4年後の北京冬季五輪

 ナショナルチームに参加していなかった小平のメダルを除いても、平昌の日本勢は史上最高成績を残した。特に3メダルを獲得した高木美の活躍は象徴的だった。元五輪代表の吉井小百合氏は「「もともと能力が高かったが、ナショナルチームで指導者や選手と出合ったことで引き出された」とみている。

 五輪、世界選手権で努力が報われた高木美は、デビット氏に駆け寄り喜びを分かち合った。銀メダルだった平昌の1500メートル後に「(金の)ブストの方が強かった。でも、勝てないとは思っていない。自分たちもできる気持ちを持って臨みたい」と力強く語った高木美。世界選手権では早くもその言葉を実現させた。

 今季はまだワールドカップ最終戦(ベラルーシ)を残しているが、4年後の北京冬季五輪では自らが主役の場に立って臨むであろうことを世界に知らしめた。

(3月14日掲載)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング